鹿児島県出水市で4月、登校中の女子中学生が襲われ負傷した事件の裁判員裁判で、強制わいせつ致傷などの罪に問われた熊本県津奈木町の無職長浜雄介被告(23)に、鹿児島地裁は11日、「性犯罪への傾向は根深い」として、懲役7年の求刑を上回る懲役8年の判決を言い渡した。

 岩田光生裁判長は、被告が過去に同様の罪で有罪になったことや、性犯罪を防ぐための指導を受けていながら今回の事件を起こしたことを重視。女子中学生が致命傷を負いかねない危険な暴行だったことも踏まえ「悪質性はかなり高い」と量刑の理由を述べた。