【シンガポール共同】シンガポール政府は10日、同国で問題となっている糖尿病を予防するため、糖分が極めて多い飲料の広告を全面的に禁止する方針を明らかにした。糖分が「中程度」以上の飲料の缶やパッケージには不健康な商品であることを示すラベルの表示を義務付ける。複数の地元メディアが伝えた。

 地元紙ストレーツ・タイムズによると、同様の広告禁止は世界で初めて。導入時期などの詳細は2020年に発表する。