昭和天皇が1987年5月、全国植樹祭のため訪問した佐賀県で乗ったお召し列車に装飾されていた菊のヘッドマークが、北九州市門司区の九州鉄道記念館に保存されていることが10日、分かった。JR九州と記念館の副館長で鉄道の歴史に詳しい宇都宮照信さんによると、このお召し列車は静養などを除き、昭和天皇の地方への公務としては最後の運行。87年に国鉄民営化でJRが発足してからは初めてだった。

 専門家によると、菊のヘッドマークの使用時期が特定できるのは珍しい。記念館は22日の「即位礼正殿の儀」に合わせ初公開する考えだ。