南アルプス北部で2017年にふ化直後にケージで保護し放したニホンライチョウが、放鳥地点から約22キロ離れた場所で今年8月に見つかったことが10日、環境省信越自然環境事務所(長野市)への取材で分かった。事務所によると、15年から実施した同様の保護活動の中で、これだけの長距離移動の確認は初めて。別の個体で18年に約11キロの移動を確認したが、今回は大きく上回った。一般的な移動距離は数キロ程度という。11日にも公表する見通し。

 ニホンライチョウは国の特別天然記念物で絶滅危惧種。事務所は「遠くに飛んでいけば、そこでの繁殖が期待できる」とする。