広島の会沢翼捕手(31)が10日、今季資格取得条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで記者会見し「佐々岡新監督の下、来年もチームのために頑張っていきたい。やっぱりこのチームが好き」と話した。来季から3年契約を結ぶ見込み。

 会沢は茨城・水戸短大付高(現水戸啓明高)から高校生ドラフト3巡目で2007年に広島入団。13年目の今季は初めて規定打席に到達し、打率2割7分7厘、12本塁打、63打点を記録した。「球団から温かい言葉、うれしい言葉を頂いて、そこまで悩まなかった」とすっきりとした表情だった。