和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で1日、エンペラーペンギンのひな1羽が誕生した。同施設で生まれたのは13羽目。

 7月26日に産卵。親鳥が卵を押しつぶさないようにするため、ふ卵器で温めてきた。ふ化したひなは、体重は300・6グラム。ある程度成長するまで人の手で育て、親鳥の元に返す。

 同施設では、2004年に初めてエンペラーペンギンの繁殖に成功。13羽は全て同じ両親から生まれた。国内で飼育しているのは、同施設と愛知県の名古屋港水族館の2カ所のみ。