世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は1日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、スーパー王者で25歳の京口紘人(ワタナベ)が、プロ46戦目で世界初挑戦の同級1位、34歳の久田哲也(ハラダ)に3―0で判定勝ちし、2度目の防衛に成功した。

 京口は序盤から左ジャブを的確に当てた。6回にはカウンターで当てた右ストレートでぐらつかせ、9回には右フックでダウンを奪った。

 戦績は京口が14戦14勝(9KO)。久田は46戦34勝(20KO)10敗2分け。