2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会がチケット購入方法を点字で説明する資料を作っていなかった問題で、組織委は1日、従来の姿勢を転換し、購入方法の概要を知らせる点字資料を作成する方針を固めた。担当者が共同通信の取材に明らかにした。

 特殊なプリンターや電子機器を使えば、点字を出力できるデータを組織委が作成し、視覚障害者の全国団体・日本視覚障害者団体連合(旧日本盲人会連合)を通じて周知を図る。

 年明けに予定されているパラリンピックチケットの2次抽選までに用意する方針。