【ソウル共同】日韓関係が悪化の一途をたどる中、対日政策における韓国各紙の論調に温度差が出ている。日本政府を糾弾する革新系紙と文在寅政権に批判的な保守系紙との間で路線対立が目立ち、政権との距離感が反映されている。

 「安倍政権が招いた事態だ」。韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を決めた8月、革新系紙ハンギョレと京郷新聞はほぼ同じ見出しの社説を載せた。

 一方、朝鮮日報、中央日報、東亜日報の保守系各紙はこぞって破棄決定に伴う日米韓の安保協力の揺らぎや亀裂への懸念を示した。