北海道・大雪山系に秋の紅葉シーズンが到来し、山肌が色とりどりの表情を見せている。北海道各地がぽかぽか陽気の青空に覆われた1日、ヘリコプターで山々の上空を飛ぶと、眼下には鮮やかな秋色に染まった木々が広がっていた。

 大雪山系にある北海道の最高峰、標高2291メートルの旭岳。山頂から4合目付近にかけて、深緑の針葉樹に交じり、ナナカマドやミネカエデ、オガラバナなどが赤、黄色、オレンジに色づく。紅葉狩りを楽しむ人たちも連なる。

 旭岳は9月21日に初冠雪し、山頂付近の尾根沿いには白い雪が広がる。雪交じりの紅葉が楽しめるのは10月中旬まで。