小泉進次郎環境相は1日、閣議後の記者会見で、廃炉作業中の東京電力福島第1原発と中間貯蔵施設を2日に視察すると発表した。第1原発視察は環境相就任後初。小泉氏は原子力防災担当相を兼務しており「第1原発事故は原子力防災体制を充実する上で原点だ。現状と対策を理解することは必須だ」と述べた。

 小泉氏は、第1原発3号機の使用済み核燃料を取り出す作業の進み具合や、増え続ける処理水をためるタンクなどを視察する。

 2日は、原発事故後の除染に伴い発生した汚染土壌などを保管する福島県楢葉町の仮置き場と中間貯蔵施設を視察した後、第1原発に入る。