天王寺動物園(大阪市天王寺区)は1日、9月27日から行方が分からなくなっていた、生後3カ月のカリフォルニアアシカの雌「キュッキュ」を園内の下水管で発見し保護したと発表した。元気でぐったりした様子はなく、園が健康状態を調べている。

 天王寺動物園によると、1日朝、アシカを展示するプールの近くの地下から、飼育員らがキュッキュのものとみられる鳴き声を聞いた。午前10時10分ごろ、マンホールの中にいるのを発見し、引き上げた。