出入国在留管理庁は1日、長崎県大村市の大村入国管理センターで6月、収容中の40代ナイジェリア人男性が死亡したのは、ハンガーストライキが原因とする調査報告書を公表した。入管施設でのハンストによる死亡は初めて。男性は長期収容に抗議していた。入管庁は男性が食事や治療を拒否し、強制的な治療も困難だったとして、センターの対応は「不相当だったとは言えない」と結論付けた。

 男性は薬物事件で執行猶予付き懲役刑の判決を受けた後、窃盗などの事件で実刑となり、仮釈放された2015年11月、大阪入国管理局(当時)に収容、後にセンターに移送された。