ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグA組で2連勝した日本代表は1日、東京都内で午前9時半ごろから全体練習を行い、左太もも裏を痛めて第2戦のアイルランド戦で直前に先発から外れたバックスのトゥポウ(コカ・コーラ)も参加した。フランカーのリーチ主将(東芝)、WTB松島(サントリー)ら登録メンバー31人全員が汗を流した。

 練習は10月とは思えない強い日差しの中で行われ、冒頭15分が公開された。選手たちはゴムチューブを使ったストレッチで体をほぐし、ダッシュで軽快な動きを見せた。

 A組は全5チームが2試合を消化。勝ち点9で首位の日本は5日にサモアと対戦する。