【サンパウロ共同】南米ペルーからの報道によると、ビスカラ大統領は9月30日、国民向けテレビ演説で国会の解散を宣言した。ペルーでは政界汚職が深刻な問題となっており、政治改革を推進するビスカラ氏と、後ろ向きな国会との対立が深まっていた。

 憲法の規定では4カ月以内に議会選が実施されるが、国会側が手続きの合憲性を司法で争うことも予想され、解散の決定が覆る可能性も残されている。現在の国会議員の任期は本来、2021年7月まで。