消費税率が1日、8%から10%に引き上げられた。公共料金を含む幅広い商品やサービスの価格が一斉に上がり、家計には負担増の秋となる。飲食料品などを対象にした軽減税率や、キャッシュレス決済へのポイント還元策もスタートし、外食や小売り各社は対応に追われた。

 ケンタッキーフライドチキンなどの外食チェーンは、レジカウンターなどに置いたメニュー表を刷新して営業を開始し、JRや私鉄各社は1日の始発から新料金を適用。

 軽減税率は外食と酒類を除く飲食料品と定期購読の新聞が対象となる。