【アナハイム共同】米大リーグで大谷翔平が所属するエンゼルスは9月30日、ブラッド・オースマス監督(50)を解任したと発表した。今季は3年契約の1年目で、球団にとって2年連続の監督交代となる。

 今季はチーム20年ぶりとなる90敗(72勝)を喫してア・リーグ西地区で4位と低迷。地区3連覇を飾ったアストロズに35ゲーム差をつけられた。エンゼルスのビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「すごく難しい決断だったが、別の方向に進む必要があると判断した」とコメントした。