報徳学園は1番打者・小園が全3得点に絡む活躍で競り勝った。一、三、八回といずれも二塁打で出塁して犠打で三塁へ。3番の長尾が八回に左前打するなど3度とも小園を迎え入れた。六回途中から救援した木村は緩急をつけて反撃を封じた。

 六回に2―2とした聖光学院は七回無死一、二塁で中軸が凡退するなど終盤の好機を逸した。