山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」は12日、新たに導入する、顔認証技術を用いた入園ゲートを報道陣に公開した。6歳以上の来園者全員の入退場を記録する。

 富士急ハイランドは14日から入場料を無料化する。増加が見込まれる来園者の犯罪を抑止し、園内のセキュリティーを強化する狙いがある。アトラクションを利用するには別途料金が必要だが、入園時にフリーパスを購入した場合、ゲートでの登録情報に基づき「顔パス」が可能となる。

 導入する顔認証は、人工知能(AI)が自ら学習する「ディープラーニング」機能を応用し、各人の顔の特徴を数値化して個人を識別するもの。