【カザン(ロシア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグH組で、19日の初戦で日本代表と対戦するコロンビア代表が14日、ベースキャンプ地のカザン近郊で練習を公開した。約1時間調整したが、前回大会得点王で司令塔のMFロドリゲスは疲労回復を優先し、ピッチに姿を見せなかった。

 コロンビアのサポーターが声援を送る中、FWファルカオやMFのJu・クアドラードらがランニングなどで体を動かした。

 コロンビアは前回大会の1次リーグでも日本と対戦し、4―1で大勝。ベスト8まで勝ち進んだ。