【ワシントン共同】米上院司法委員会は16日、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏らが、昨年非公開で行ったロシア疑惑に関する証言の記録を公開した。ジュニア氏は、大統領選中にロシア政府とつながりがあるロシア人弁護士とニューヨークのトランプタワーで面会したことについて、問題ないとの考えを示していた。AP通信が報じた。

 ロシア人弁護士との2016年6月9日の面会には、トランプ氏の娘婿クシュナー氏(現大統領上級顧問)も同席。トランプ陣営が選挙を有利に戦うため、ロシア政府と共謀していたかどうかを調べているモラー特別検察官の捜査で焦点の一つとなっている。