旧優生保護法下で不妊手術を強制された東京都の70代男性が17日、自己決定権などを保障する憲法に違反し、救済措置も怠ったとして、国に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。