兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は29日、今春の入学試験の合格者40人を発表した。受験したのは965人で、倍率は24・1倍だった。40人は106期生として、4月17日に入学式を迎え、タカラジェンヌとして舞台に立つため2年間にわたる教育を受ける。

 29日午前10時、合格者の受験番号が発表されると、自分の番号を見つけた受験生は「あった」と跳び上がり、喜びがはじけた。

 合格した広島市の中石葵さん(18)は「小学生の時から絶対に入りたいと思って頑張ってきた。信じられないぐらいうれしい」と涙ながらに話した。