栄光ゼミナールで知られる学習塾大手「栄光」(東京)が運営する個別指導塾に勤務していた49歳の男性が死亡したのは長時間労働が原因として、渋谷労働基準監督署が労災と認定していたことが7日、分かった。遺族や弁護士が東京都内で記者会見し、明らかにした。

 遺族らによると、男性は世田谷区の教室で運営管理をする「教室長」を務め、2017年11月に急性大動脈解離で死亡。労基署は死亡前1カ月の残業が約114時間あったとして今年11月15日付で労災と認めた。

 教室には当時、生徒約180人が在籍し、約30人のアルバイトが指導を担当。男性は時間割作成などで連日深夜まで働いた。