東日本大震災の発生から10年目に入った沿岸被災地。道路や商業施設、住宅などの整備が進み、表向きは復興が進んでいるように映る。だが、今なお行方不明の肉親の帰りを待つ人たちがいる。そして、身元特定につなげようと奮闘している関係者もいる。それは「終わらない震災」の象徴のようだ。「あいまいな喪失」と呼ばれる震災特有の遺族の悲しみに寄り添いながら、「亡き人と共に生きる」ことを読者とともに考えたい。

 
 連載へのご意見、ご感想、情報提供は住所、氏名、電話番号を明記し、〒020―8622 盛岡市内丸3の7 岩手日報社NIE・読者部までお願いします。ファクスは019・653・8206。メールはwasurenai@iwate-np.co.jp

震災企画「あなたをさがして」