農林水産物など多様な地域資源に着目し、ビジネス化を図る高校生の取り組みが各地で盛り上がりを見せている。新鮮な発想と尽きない探究心を武器に加工品の開発・生産、輸出を含めた販売に挑む姿は大人たちを刺激し、地域経済に新風を吹き込む。科学的アプローチから生産性向上、環境問題の改善を試みる生徒たちも頼もしい。岩手日報社は今回、東北と新潟の有力紙8社共同で「高校生のシゴト力 ~明日を創る~」と題し、「高校生ビジネスの取り組みと地域のつながり」をテーマに8回にわたり、各地の若者の奮闘を伝える。

 
東北・新潟8新聞社共同企画
岩手日報社東奥日報社秋田魁新報社河北新報社山形新聞社福島民報社福島民友新聞社新潟日報社
 

高校生のシゴト力

刻んだリンゴに砂糖やクエン酸を加え、ジャムを作る柏木農高の生徒たち=10月18日、青森県平川市・同校
刻んだリンゴに砂糖やクエン酸を加え、ジャムを作る柏木農高の生徒たち=10月18日、青森県平川市・同校
 「高校生のシゴト力 ~明日を創る~」に関するご意見、ご感想(応援メッセージ)を募集します。住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記の上、お寄せください。送り先は郵便番号020-8622、盛岡市内丸3の7、岩手日報社報道部「高校生のシゴト力」係。ファクスは019・623・1323、電子メールのアドレスはkoukousei.shigoto@iwate-np.co.jp