岸田文雄首相は6日、広島の平和記念式典であいさつし「核兵器のない世界への機運が後退していると言われる今こそ、惨禍を繰り返してはならないと世界に訴える」と述べた。