2022.08.06

「ヤバい」天文学者の図鑑 水沢VLBI観測所・本間所長が発刊

新著「ヤバい科学者図鑑」を手にする本間希樹所長
新著「ヤバい科学者図鑑」を手にする本間希樹所長

 奥州市の国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹(まれき)所長(50)の新著「ヤバい科学者図鑑」(扶桑社)が発刊された。古今東西の天文学者39人を取り上げ、「スゴい」成果と「ヤバい」一面を紹介。偉大な科学者たちを身近に感じられる一冊だ。

 偉業を分かりやすく解説した上で、ガリレオ(1564~1642年)なら軟禁中も研究を続けたこと、ニュートン(1643~1727年)は負けず嫌いで他の学者とけんかしまくったこと、安倍(あべの)晴明(せいめい)(921~1005年)は虫が大好物だった言い伝えがあることを紹介した。

 四六判、176ページ。1760円。県内の書店で販売している。

◇      ◇

 記事全文は、8月6日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞