2022.08.06

減産影響で中古車「高値」の花に 県内業者、価格への転嫁に苦慮

オークションに出品された中古車。市場価格の高騰が続き中古車販売店を悩ませている=紫波町北日詰・シーエーエー東北
オークションに出品された中古車。市場価格の高騰が続き中古車販売店を悩ませている=紫波町北日詰・シーエーエー東北

 県内で中古車業界の市場価格高騰が続いている。半導体などの部品不足による自動車減産の影響で、車の下取りが減り市場への供給が滞っているため。平均落札価格は新型コロナウイルス禍前(2019年度)の約1・5倍に跳ね上がり、中古車販売店は「いい車は手が出せない」と嘆き節だ。

 新車の代わりに中古車を選ぶ客の流れもあり、客離れの懸念から価格転嫁に踏み切れない販売店も多い。近年は大手販売店の参入もあり、顧客獲得競争は激しさを増す。

◇      ◇

 記事全文は、8月6日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞