奈良県警が拳銃の実弾が行方不明になったと誤認し、窃盗容疑で無関係の20代の男性巡査長を捜査した問題で、巡査長は5日、違法な取り調べでうつ病を発症し、休職に追い込まれたとして、県警を所管する県に約710万円の損害賠償を求め、奈良地裁に提訴した。