2022.08.05

菅野航太(黒沢尻工)が準優勝 四国総体、陸上男子棒高跳び

男子棒高跳び決勝 自身が持つ県高校記録に並ぶ5メートルを成功し、空中で拳を握りしめる菅野航太(黒沢尻工)。2位で表彰台に立った=徳島県鳴門市・鳴門ポカリスエットスタジアム
男子棒高跳び決勝 自身が持つ県高校記録に並ぶ5メートルを成功し、空中で拳を握りしめる菅野航太(黒沢尻工)。2位で表彰台に立った=徳島県鳴門市・鳴門ポカリスエットスタジアム

 【四国総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)の陸上第2日は4日、徳島県鳴門市の鳴門ポカリスエットスタジアムで男子棒高跳び決勝が行われ、菅野(すがの)航太(黒沢尻工3年、北上中)が自身の県高校記録に並ぶ5メートル00をマークして2位に入った。今大会で県勢が3位内の表彰台に立ったのは2人目。

 菅野は前日の予選を4メートル80の組1着で通過した。この日の決勝は12人で争われ、菅野は4メートル70は1回目、4メートル85と4メートル90は2回目、4メートル95は1回目でクリア。5メートル00は最終3回目で成功し、2位以上が確定した。5メートル10は失敗した。渡辺瑛斗(大阪・大塚3年)が5メートル10で優勝した。

◇      ◇

 詳報は、8月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞