2022.08.05

雄星、5勝目懸け敵地で登板 及川彩子さんのMLBリポート

レイズ戦に向けて調整するブルージェイズ・菊池雄星
レイズ戦に向けて調整するブルージェイズ・菊池雄星

 翌日のレイズ戦登板を控え、菊池雄星(花巻東高)は2日、投手コーチたちが見守る中、入念に調整を行った。

 リハビリ中に取り組んだウェイトボールを使ったウォームアップ、またゴロを捕球する動きからのキャッチボールを行い、最後はブルペンで6球を投げて練習を終えた。

 故障明けの前回登板では速球を中心に制球力が戻り、4勝目を挙げることができたが、「初球のストライク率が高く、球数も含めて自分のペースで投げられていい感覚を掴めた。やってきたことの継続を心がけている」とリラックスした表情だ。

 31日のタイガース戦後にはチーム全員で集まって交流を深めた。

「普段からこのチームは仲がいい。派閥もないし、壁もない。みんな練習には真面目だが、オフを楽しむ。メリハリがある」といい気分転換になった様子。

 残り約60試合ほどで、1戦1戦大事な試合が続くが、「ここから総力戦になる。ワイルドカードを目指すというよりは優勝の可能性がある限り、そこを目指していく。そのためには全部勝つという強い気持ちで戦いたい」と力強く締めくくった。

及川 彩子(おいかわ・あやこ)さんPROFILE
及川彩子

 米ニューヨーク在住。陸上、サッカー、ゴルフなどを幅広く取材するフリーライター。45歳。北上市出身。

◇      ◇

 岩手日報本紙では、及川彩子さんの記事を一日早くお楽しみいただけます。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク