2022.08.05

県税収入3年ぶりに増加 21年度見込み、製造業が持ち直し

 
 

 2021年度の県税収入見込み額は、前年度決算比4・9%増の1342億4782万円となった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ製造業が持ち直し、3年ぶりに増加に転じた。22年度見込み額は同2・6%減と予測。物価高の影響が見通せず、県財政は厳しいやりくりが続きそうだ。

 県税務課によると、法人2税(県民税、事業税)は、食料品や一般機械、電気機械など製造業の伸びが大きく同13・3%増の317億7544万円。地方消費税は19年10月に8%から10%に引き上げた効果が表れ、同14・2%増の265億787万円と見込む。

◇      ◇

 詳報は、8月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞