八幡平市安比高原に29日開校するハロウインターナショナルスクール安比ジャパンの市民向け見学会は3日まで、2日間の日程で初めて開かれた。参加者は校舎内を巡り、安比校に理解を深めた。

 同日は田山地区や浅沢地区の住民らが参加。同校職員から英国のハロウスクールの歴史を学び、校舎内の食堂、図書館、体育館などを見学した。

 田山地域振興協議会の野中政蔵会長(74)は「私たちの住む場所とは別世界のようで、ここでどういう教育を受けられるのか気になる。入学生と交流の機会があれば地元の子どもたちに大きな刺激となるだろう」と期待した。