2022.08.04

プロ注目・森下が投打の柱 一関学院初戦の京都国際

対戦が決まりガッツポーズする、京都国際の辻井心主将と一関学院の小松大樹主将=3日午後、大阪市(代表撮影)
対戦が決まりガッツポーズする、京都国際の辻井心主将と一関学院の小松大樹主将=3日午後、大阪市(代表撮影)

 大阪市内で3日に開かれた第104回全国高校野球選手権大会(6日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会で、本県代表の一関学院(12年ぶり7度目)は前回4強の京都国際(2年連続2度目)と第1日の第3試合(午後3時半開始)で激突することが決まった。

◇   ◇

 京都国際は昨夏の甲子園を経験したメンバーを中心に強豪ひしめく京都大会を勝ち上がり、2年連続2度目の聖地切符を手にした。主戦で4番の森下瑠大(3年)が投打の柱だ。

 プロ注目左腕の森下は140キロ台の直球と切れ味鋭いスライダー、チェンジアップが武器。京都大会は2試合9回を投げ自責点2、四死球4と安定している。エースを早くマウンドから引きずり降ろしても、2番手以降には最速145キロ右腕の平野順大(同)らが控える。

◇      ◇

 詳報は、8月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞