2022.08.04

大谷翔平、10勝目を懸け先発 アスレチックス戦

エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)
エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは3日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に10勝目を懸け「2番・投手兼指名打者」で出場する。22本塁打を放っている大谷が勝利投手になれば、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりとなる同一シーズンでの「2桁勝利、2桁本塁打」の達成となる。

 ブルージェイズの菊池雄星(同)はレイズ戦に先発、4回3安打2失点で勝敗は付かず、4勝5敗のまま。チームは2―3で敗れた。レッドソックスの沢村はアストロズ戦の3番手で1/3回を投げ無失点。試合は1―6で敗れた。

 カブスの鈴木はカージナルス戦に「4番・右翼」で出場。