2022.08.03

戦争、津波…生き抜き喜びの100歳 山田の舟田スミさん 

家族らから100歳の祝福を受けて笑顔を見せる舟田スミさん(左から3人目)
家族らから100歳の祝福を受けて笑顔を見せる舟田スミさん(左から3人目)

 山田町飯岡の舟田(ふなだ)スミさんは100歳の誕生日を迎え、1日に家族らの祝福を受けた。結婚を機に旧満州(現中国東北部)に渡り、終戦後に過酷な引き揚げを経験。東日本大震災では津波で同町の自宅が全壊した。「多くの人にお祝いされ、これほどうれしいことはない」。苦難を乗り越え、子どもたちの支えを受けて余生を過ごしている。

 同日は自宅を佐藤信逸町長が訪れ「健康に気を使い、長生きしてください」と述べ、賞状や花を手渡した。

 スミさんは1922(大正11)年7月28日、同町で9人きょうだいの末っ子として生まれた。女学校を卒業後に上京し、タイピストとして2年ほど働いた。南満州鉄道で働いていた故安治(やすじ)さんと19歳で結婚し、旧満州へ移住。子育てをしながら、夫を支えた。

 町長寿福祉課によると、7月28日時点で100歳以上の町民は14人。

◇      ◇

 詳報は、8月3日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞