大和リース(大阪市、北哲弥社長)は北上市上江釣子に、電子部品大手TDK(東京)の製造子会社の社員寮を建設する。来年3月末の完成、入居開始を予定する。TDKは北上市の工場を増設し約400人を新規採用する方針で、環境を整える。

 大和リースが民有地0・5ヘクタールを取得、軽量鉄骨造り3階建ての寮を4棟整備し、リース物件としてTDKに貸与する。各棟の延べ床面積は767平方メートルで、単身者向け1LDK(31・5平方メートル)を18世帯分備える。敷地には食堂や調理場、ランドリーを備えた同132平方メートルの共用棟も建てる。今年10月中旬に着工する予定。

 2日は現地で安全祈願祭を行い、関係者約20人が出席。大和リースの森内潤一常務は「豊かな住、就労環境を確保し、地域住民とのコミュニケーションを取りながら心豊かに暮らせる施設にしたい」と述べた。