2022.08.02

関連行事、さんさ盛り上げ 競演会や屋台村もスタート

しなやかな伝統さんさ踊りを披露する出演者
しなやかな伝統さんさ踊りを披露する出演者

 3年ぶりとなる盛岡さんさ踊り(実行委主催)が始まった1日、関連行事も4日間の日程で盛岡市内で開幕した。マリオスでは伝統さんさ踊り競演会(同)が開かれ、各地域の団体が華やかな舞を披露。岩手公園では三陸応援屋台村(一般社団法人SAVE IWATE主催)がスタートし、三陸の食の魅力を発信した。

 【伝統さんさ踊り競演会】1日は9団体が力強い太鼓としなやかな踊りを披露。各地域ごとに伝承・発展してきた舞に、多くの来場者が魅了された。

 【三陸応援屋台村】もりおか歴史文化館前広場に、久慈、山田、大槌3市町などから計16事業所・団体が出店した。ホタテの串焼きやカキの蒸し焼きなど海産物を販売し、来場者が舌鼓を打っている。4日まで、各日午後3~8時半。入場無料。

三陸の海の幸を買い求める来場者

◇      ◇

 詳報は、8月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞