県空港ターミナルビル(高橋達也社長)は31日、花巻市東宮野目の花巻空港でラジオ体操とマラソンを楽しむイベントを開き、県内外の約290人が青空の下、体を動かした。

 市スポーツ推進委員の動きに合わせてラジオ体操に取り組み、約1.2キロのマラソンで汗を流した。参加者は、普段立ち入りができない駐機場や平行誘導路でのイベントに目を輝かせ、写真撮影も楽しんだ。

 健康づくりとともに空港について理解を深めてもらおうと企画。新型コロナウイルス感染症の影響で、3年ぶりの開催となった。