2022.08.01

7月コロナ感染、初の1万人超え 県内、過去最多を大幅に更新

 
 

 県内の7月の新型コロナウイルス感染は計1万6572人に上り、月別で初めて1万人を超え過去最多を大幅に更新した。従来より感染力が強いオミクロン株派生型「BA・5」に置き換わりが進み、若い世代を中心に感染が急拡大。盆休みの時季を前に医療体制への負荷も高まり、県は基本的な対策と適切な医療機関利用の徹底を促す。

 岩手日報社のまとめでは、7月の感染は6月の約5倍に達し、最も多かった今年4月の9353人を超えた。7月上旬は1日当たりの新規感染が2桁の日もあったが、全国的な流行「第7波」を受け中旬から急速に増え、23日に初めて1日千人を超えた。以降、千人台が計4日間あり感染は高止まりしている。

◇      ◇

 詳報は、8月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞