2022.08.01

ふるさと納税、過去最高に 県内21年度、世相反映した返礼品人気

 
 

 ふるさと納税による2021年度の県と県内33市町村への寄付総額は、20年度の1・3倍となる148億2583万円で、過去最高となった。新型コロナウイルス禍が長引き「巣ごもり需要」が継続。返礼品は物価高傾向から規格外の「訳あり品」や、トイレットペーパーなど日用品も人気を集める。市場拡大を受け、コロナ禍や物価高で苦境にある事業者は参入へ活発な動きを見せ、自治体もより注目を集めようと工夫を重ねる。

 総務省のまとめでは、県(1億7409万円)と24市町村が20年度比で寄付額を伸ばした。1億円超は県と23市町村で4自治体増。県全体の寄付件数も89万2357件(20年度比22万1966件増)で過去最多となった。

◇      ◇

 詳報は、8月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞