2022.08.01

歌声高らか、市民オペラ 奥州・Zホール30周年記念

終演後、カーテンコールで観客から万雷の拍手を浴びる出演者ら
終演後、カーテンコールで観客から万雷の拍手を浴びる出演者ら

 奥州市文化会館(Zホール)の開館30周年を記念する市民参加オペラ「トスカ」(市文化振興財団主催)は31日、同市水沢佐倉河の同ホールで上演された。日本の第一線で活躍する本県出身ソリストと市民約120人が節目にふさわしい情熱的な舞台を一緒に創り上げた。

 1800年のローマを舞台にした愛と悲劇の物語(全3幕)。歌姫トスカを盛岡市出身のソプラノ野田ヒロ子さん、恋人カヴァラドッシを奥州市出身のテノール福井敬さん(59)が演じ、圧巻の歌声を響かせた。見せ場のアリア(独唱曲)では情感豊かに歌い上げ、約千人の来場者を魅了した。

◇      ◇

 詳報は、8月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞