2022.08.01

スポ少Mボーイズ(水沢)初優勝 三陸学童野球

大船渡北・末崎連合を4-2で下して初優勝を飾り、喜びを爆発させるスポ少Mボーイズの選手たち=釜石市・平田公園球場
大船渡北・末崎連合を4-2で下して初優勝を飾り、喜びを爆発させるスポ少Mボーイズの選手たち=釜石市・平田公園球場

 学童軟式野球の第40回岩手日報杯三陸海岸大会(県野球協会、岩手日報社、釜石市野球スポ少協会主催)最終日は31日、釜石市の平田公園球場で決勝が行われ、スポ少Mボーイズ(水沢)が大船渡北・末崎連合(大船渡市)を4-2で下し、初優勝を飾った。

 Mボーイズは初回、内野ゴロの間に1点を先制。2-0の五回には住吉祐次朗(奥州・常盤小6年)の2点三塁打でリードを広げた。投げては左腕及川楓空(かえら)(同)が六回途中まで1安打、7三振と好投した。

 大船渡北・末崎は4点を追う最終回、2死から中軸の連続三塁打で2点を返す粘りを見せた。

◇      ◇

 詳報は、8月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞