日本相撲協会は8日、大相撲名古屋場所(10日初日・ドルフィンズアリーナ)の取組編成会議で2日目までの取組を決め、2場所連続優勝を狙う一人横綱の照ノ富士は初日に小結阿炎、2日目に霧馬山と難敵の挑戦を受ける。

 かど番の2大関は御嶽海が初日から隆の勝と琴ノ若、正代は琴ノ若と隆の勝の順に対戦。大関貴景勝は初日に霧馬山、2日目に小結豊昇龍とぶつかる。両関脇の初日は若隆景が逸ノ城、大栄翔が玉鷲と当たる。西前頭8枚目に番付を上げた盛岡市出身の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、初日に志摩ノ海、2日目は琴恵光と対戦する。