2022.07.09

参院選あす投開票 岩手選挙区、5氏争う

 第26回参院選は10日、投開票が行われる。岩手選挙区(改選数1)は届け出順に自民党新人の広瀬めぐみ氏(56)=公明党推薦、参政党新人の白鳥顕志氏(51)、立憲民主党現職の木戸口英司氏(58)、NHK党新人の松田隆嗣氏(48)、無所属新人の大越裕子氏(58)の5人が立候補している。

 9日の打ち上げ演説は、広瀬氏が午後7時半から盛岡市内丸の桜山神社。白鳥氏は午後4時45分から同市盛岡駅前通の盛岡駅前。木戸口氏が午後7時40分から同市大通の事務所前。松田氏は遊説予定がない。大越氏は未定。

 今参院選は全国で改選124議席(選挙区74、比例代表50)と非改選の神奈川選挙区の欠員1を補う「合併選挙」を合わせた計125議席を争う。選挙区367人、比例178人の計545人が立候補した。

◇      ◇

 詳報は、7月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク