8日午前7時50分ごろ、東京都西東京市の西武池袋線保谷駅で、小手指発新木場行き準急(10両編成)のパンタグラフに、飛来物が付着しているのが見つかり、西武有楽町線や同豊島線も含めて運転を見合わせた。西武鉄道は運転再開見込みを午後1時以降としている。西武鉄道によると、電気を供給する架線にも一部支障が見つかり、復旧を急いでいる。