県内一の野菜の生産量を誇る新岩手農協(本所滝沢市、苅谷雅行組合長)は7日、盛岡市羽場の市中央卸売市場で、自慢の夏秋野菜のPRイベントを行った。

 農協の役職員や女性生産者による野菜応援隊「もんずらすかしぇーるず」のメンバーらが参加し、市場関係者にリンドウとリンゴジュースを配った。苅谷組合長は「農家の皆さんが丹精込めて作った安心安全な野菜の消費拡大に努めたい」とあいさつした。

 同農協管内ではキャベツやレタスが収穫の最盛期を迎え、今後はトマトやキュウリ、ピーマンも本格化する。野菜の販売額は120億円(2021年度は約100億円)を目指す。