2022.07.07

女性団員の増加を願い大会へ 八幡平市消防団の鈴木里奈さん

支部大会に向け練習に励む鈴木里奈さん(右)
支部大会に向け練習に励む鈴木里奈さん(右)

 八幡平市消防団(工藤民一(たみいち)団長)第10分団第1部に所属する市職員鈴木里奈さん(27)は、9日に同市で開かれる県消防協会岩手地区支部消防操法競技会に出場する。女性が操法競技のチームに入るのは同市初で、競技会出場も初。洗練された消防技術の披露を誓い、災害現場で活躍する女性団員の増加を願う。

 同市叺田(かますだ)の市安代総合支所前で、日が傾き始めた午後6時半に始まった模擬練習。小型ポンプの部に出場する鈴木さんら4人は、威勢の良いかけ声ときびきびとした動きで的に向け放水を行った。

 市花き研究開発センターでリンドウの品種開発などに取り組む鈴木さんは、元分団長の上司に誘われ昨年度入団。初年度はポンプ車操法の補助員だったが、中学から大学までソフトボール競技に打ち込んだ運動神経の良さなどを買われ、チームの一員に選ばれた。

◇      ◇

 記事全文は、7月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞