東日本大震災をテーマに絵本や書籍を手掛ける詩人北門笙(しょう)さん(68)=本名非公表、東京都在住=が作詞した歌曲のCDが6日、発売される。三陸鉄道の車窓からの情景や岩手の星空などを歌詞に盛り込み、「震災の記憶と共に、自然の美しさと脅威を再認識してほしい」と願う。

 歌詞には「早池峰」や「恋し浜」「冷たい山背(かぜ)」など地元の地名や情景をちりばめた。「歌には前を向いて戦っていく力と心を癒やす力がある」と北門さん。三陸鉄道(宮古市)の石川義晃社長は「多くの人が三鉄に乗って沿岸の景色を楽しむきっかけになればうれしい」と話す。

 CDは1枚千円。問い合わせは徳間ジャパンコミュニケーションズ(03・6432・5406)へ。